目指すは世界大会開催!!
SD舞-乙HiME・トレーディングカードゲーム

『MASTER of THE GEM』
不屈の情熱ヒメリスト yahiro1さん
TCG舞-乙HiME

New's Network『2428 2巻』
2428

『そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-』
そにアニ
アニメ・マンガを愛する日々。
精神の7割がアニメでできているPOLがお送りする散財ブログです。気まぐれでフィギュアレビューしたりします。
R-1グランプリ。2007年。
この頃買ったものを部屋に散乱させていて、だんだん足の踏み場も
なくなってきたので片付けなきゃな~とおもいつつ・・・・。
ダラダラしてしまった今日。16:00頃たまたまTVをつけたらR-1グランプリが
やっていたのでそのまま観戦。

実際の採点に加え自分的感想で、今日はお届けします。w

■土肥ポン太 「ビンゴ大会の賞品」
初めて見る芸人さんでした。
最初はあまり「ふ~ん。」ぐらいのもんでしたけど、
日本刀と鈴で「ドラえもん、殺ったった」にはハマりました。思わず笑った。

自己採点:6位
実際の採点440点(4位)

■徳井義実 「ヨギータ」
M-1覇者のチュートリアルから徳井の参戦。
ピンでやっているのは初めて見ましたけど・・・・。
予想範囲内というか、やっぱり下ネタ好きなのね。w
コレを見ている途中で電話が鳴りきちんと観戦できずに残念。
これから面白く・・・・・という所でした。

自己採点:3位
会場採点456点(1位)

■大輪教授 「数学漫談」
正直、伝わりにくいネタでした。笑えなかった。
寛平兄ヤンの言う通り、もっとわかりやすい方がよかった。

自己採点 7位
会場採点409点(8位)

■友近 「西尾一男」
昭和のおっさんの匂いをプンプンさせた友近らしいネタでした。
人をよく観察しているというか、もしおっさんがピザ屋にいたらと
思うと、結構笑えました。
しかし、女の友近がなぜおっさんネタをここまでできるのか?
感心しますね。

自己採点 5位
会場採点439点(5位)

■ウメ 「紙コント悪モノ」
シュールすぎてダメ。笑えなかった。
この人や、大輪教授がその他芸人を蹴落として決勝に!と
思うとなんだか納得いかないですね。若井おさむとか残って
欲しかったな~。

自己採点 8位
会場採点437点(7位)

■やまもとまさみ 「先生への落書き」
修学旅行で先生が寝てる間に生徒に落書きされて、朝落書きされたまま生徒に説教。
このシチュエーションは面白い!
わかりやすいし、見た目も面白かった。僕的にはアリだと思ったんですけどね。

靴下の傘のマークよりもワニのマークがよかった!にハマりました。

自己採点 4位
会場採点438点(6位)

■バカリズム 「イニシャルトーク」
わかりやすいかわかりにくいかで言えばわかりにくいネタですけど。
日本史の授業がイニシャルトークで行われるという意味不明な設定。
ですが、僕のような妄想魔人には授業風景が鮮明に見えてしまい、面白かった。
「トツギーノ」は個人的にそれほど・・・・でしたが。これはよかった。

自己採点 2位
会場採点448点(3位)

■なだぎ武 「デュラン・マッケイ」
素顔をはっきり知らなかったため、ああ、この人がこの外人をやってたんだ。
と改めて認識しました。
しかし、ビバヒルをちゃんと見たわけでもないのになんでこんなに面白いんだろう?
言い回しだな。ww

自己採点 1位
会場採点456点(1位)

採点の結果、なんと徳井となだぎが同点!
審査員による決選投票によって4-1でなだぎ武が優勝しました。

最後になだぎ武がもう芸人を18年?やっていると聞いて驚き。
同期はバッファロー吾郎だとか。( ゚Д゚)
このオチがわかるのか?
久々のお笑いネタですがちょっと気になったので書いてみます。

事の発端はコレ
(コレを押すとリンク先に飛べまっせ~)

ダウンタウンの松ちゃんが感心したという4コマ。
意味がわからない人は芸人魂が薄いそうです。(笑)

ちなみにすぐにわかった僕は芸人気質なんでしょうか? (´д`)
リンク先のコメント欄に答えは載っていますので注意。

さてコメントを見ないで答えがわかるでしょうか?(笑)
是非お試しください。

細かすぎて伝わらないモノマネ選手権9
見ちゃいました。おもしろいです。
優勝は一般参加の人ですか。すごいですね。

落合選手のモノマネで雪が降ってきたからコールドゲームを要求する所。
ってな感じだったと思います。いいですね~。
「もう、やめよ」

大爆笑でした。(笑)

でも、残念だったのは「ずんのやす」がでなかったこと。
空手の師範代ネタは好きだったんだけど、確かに前回でネタ切れ感は
否めなかったかも。

こんな大事な日に限って帰り際に仕事を頼まれる始末。あ~怖かったよ!
無事に帰ってこれたけどさ。何とか終らせて。
でもね、食わず嫌いをあんなに放送する意味がわからん。面白くないし!
それなら細かすぎてをもっともっと放送して欲しい!

カットされたネタもたくさんあったんだろうな~。
アイチテル!
昨日だったと思う。
深夜帯の番組で雨上がり決死隊が司会でガンダムオタク男が
趣味を理解してくれない彼女について、外人女性達の意見を聞く的な番組が
やっていた。

調べてみたら、「アイチテル!」って番組らしい。ちなみにTBS。

オタクの趣味を理解する人は少ないと思う。同類と付き合うなら話は別だけど。
理想的なのはこの趣味に対して何も言わない人。だと思う。
放置でいい。文句さえ言わなければ。でもそんな女性はほとんどいないだろう。

付き合いたいなら趣味も程々に。理解されにくい趣味ですから。
外国人は結構手厳しいことを言っていた。でも中には理解を示す人もいた。
外国には日本ほどの差別意識はないと思えたな~。
ヤバイだろ?まずいだろ?
ヤバイだろ?まずいだろ?
笑っちゃいけないが、不覚にも笑ってしまった。

ロリエンタルラジオ

ロリ属性はほとんどないんですけどね。
まぁそういう趣味の人もいるんだと言うことかな。

犯罪者の予備軍みたいにならないように気をつけてください。
暴走するのはネタを書くときだけにって事で。

中にはどう読んでもリズムが合わないものもあった。やっぱり
本家のオリエンタルラジオ的リズムに合うやつがネタとしては面白い。
空手の師範代はツボ!
相変わらず面白い。
「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」

ずんのやすがやる空手の師範代ネタが最高です。
とにかく思い出しただけで笑ってしまうほどはまってます。

あ~、何度見てもおもしれ~~!!
細かすぎて伝わらないモノマネ選手権
とりあえず、ネタはないがとってもはまっているのは
「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」です。

メチャクチャ面白い。
普段仕事でTVはほとんど見れないけど、久々に腹筋が痛くなるぐらい笑った。

ほんと面白いです。
R-1グランプリ!地上波放送感想。
見ましたR-1グランプリ決勝。
実はちょっと見逃していて・・・・。
見たのはキャプテン☆ボンバーからでした。

【出場者】
バカリズム(マセキ芸能社)
中山功太(吉本興業 大阪)
友近(吉本興業 大阪)
この3人のネタは見逃しました。

浅越ゴエ(吉本興業 大阪)
あべこうじ(吉本興業 東京)
岸学(ケイダッシュステージ)
キャプテン☆ボンバー(吉本興業 大阪)
博多華丸(吉本興業 東京)
この5人は見ました。

ネタの感想は、見た中で悲しくなったのはキャプテン☆ボンバーだけでした。
あとはそこそこ皆さん笑えました。

やはり博多華丸は強かった。個人的には浅越ゴエもかなり
良かった感じでしたが、博多華丸はその上うまかった。
ネタのつくりが!

児玉さんだけであそこまで引っ張れる。onlyモノマネ。
ゴエちゃん!今後も期待してます。
あべちゃんもなかなかよかったぞ!。

あと、以外に岸学もよかった。
先生ネタ。今後も期待できるかな?

優勝は博多華丸さんでした。予想は当たったということで。(笑)
浅越ゴエが決勝に!
R-1グランプリ決勝が地上波でO.Aするみたいですね。フジテレビ系?
詳細はこちら↓。。

決勝戦、2/19(日) 16:05~ OA!
R-1ぐらんぷり2006決勝戦は、2/18(土) 東京・レモンスタジオで行われ、
2/19(日)16:05~17:20 関西テレビ・フジテレビ系列全国ネットで放送されます。

【出場者】
浅越ゴエ(吉本興業 大阪)
あべこうじ(吉本興業 東京)
岸学(ケイダッシュステージ)
キャプテン☆ボンバー(吉本興業 大阪)
友近(吉本興業 大阪)
中山功太(吉本興業 大阪)
博多華丸(吉本興業 東京)
バカリズム(マセキ芸能社)

浅越ゴエ強し!優勝候補か?
第二回に優勝してるのは伊達じゃなかったということですな。

でも、キャプテン・ボンバーはダメなんじゃない?なかやまきんに君でしょ。(笑)
誰がどうみても。まぁご愛嬌ってトコですかね。

たぶん、浅越ゴエ、友近、博多華丸あたりが優勝でしょう。
19日は地上波で楽しむとしますか。
ネタがないので。
年末にM-1グランプリについてちょっと書きました。

どうも今、R-1グランプリもやっているみたいです。
地上波放送はなさそうですけど、ニュースくらいには
なるでしょう。前回「ほっしゃん」が優勝したときは
ちょっと話題になってたし。

どうも「浅越ゴエ」の奴が第2回と第3回の扱いの違いに不満を抱き、第4回のR-1に出場してるみたい。
第2回の優勝者なのに・・・・。

まぁ優勝賞金100万と500万じゃそう思うのも無理はない。


現在の閲覧者数




Copyright © 2005 アニメ・マンガを愛する日々。. all rights reserved.